福原愛さんが緊急声明で〝子ども連れ去り〟に猛反論! 前夫の妨害行為で警察沙汰

2022年07月26日 11時00分

子供ひとりと日本に帰国した福原愛さん(東スポWeb)
子供ひとりと日本に帰国した福原愛さん(東スポWeb)

 卓球で元五輪メダリストの福原愛さん(33)が、元夫で台湾の卓球選手・江宏傑(33)に猛反撃だ。江は24日、福原さんが子供を連れたまま連絡が取れなくなったと自身のSNSで批判し、現地で大騒動に発展した。これに対し福原さんは25日、台湾メディアに声明を発表。自身が子供を日本に連れ帰ることを江が把握していると明かし、“連れ去り”を否定。子供と面会するために法の力を借りていたことや、面会当日も妨害に遭い警察沙汰になっていたことなどを告白。元夫の行動を非難した。

 台湾、日本、中国で騒然となった元夫とのトラブルを、福原さんが自身の口で説明した。台湾「鏡週刊」など現地メディアは25日、福原さんの声明を一斉報道。今回の経緯を説明した。

 福原さんと江は昨年7月の離婚に際し、2人の子供の共同親権を保有している。福原さんの声明によると、離婚調停の中で子供に対する面会の時間が約束されていたが、これまで何度もほごに。7月8日、台湾の裁判所に江に対し勧告に従うよう申し立てたという。双方の弁護士が協議し、同23日に子供との面会が実現した。

 しかし「江さんが子供を引き渡したが、多くの妨害があり、警察を呼んで処理してもらいました。それでも夜まで子供を連れて行けず、もう一人の家族を連れてくることはできませんでした」と、当日トラブルが発生してしまったという。

 さらに「江さんは私が家族を日本に連れてくることを承知しています。江さんは私が家族を連れて日本に帰ることに何の問題もなく、私が訪問する権利があることも知っています」と、連れ去りではないと断言した。江が連絡が途絶えたと主張していることについても「私も家族も疲れており、日本に到着後すぐに連絡をしました。しかし江さんはメディアで連絡が途絶えたと発言をした」と江を批判。「家庭の問題を再びメディアで取り上げ、メディアやネットユーザーが公に私を裁くためだけでなく、台湾の児童保護規定に違反する。これは台湾の社会局もはっきりとしてほしい部分です。また、娘に会いにいけない場合は、司法に委ねられることになります」などと、強い意志を示している。

 事の発端は江が24日、突如SNSに投稿した「これはどんな親善引き継ぎなのかまったく理解できない。昨日の夜から今まで、電話にも出ない、メッセージも返さない、これが子供への優しさと言うのか」という怒りの文章。現地で2人が所属するマネジメント会社が台湾メディアに説明したところによると、福原さんが現地を訪れ子供の一人を連れていった後、連絡が取れなくなったことで江が動揺し、投稿したという。江の代理人は「江は福原さんが家族を日本に連れて帰ってもいいし、それは女性の権利だと思っている。しかし彼が怒っているのは、子供がどこにいるのかわからないということ。日本に戻ったのかどうかも定かではない。福原さんからはメッセージしか来ない。彼は直接電話かビデオ電話をすることを希望している」と説明していた。

 福原さんの声明を受け、江がどのような反応をするのか。波紋を広げそうだ。

関連タグ: