中国メディアが眞子さん小室さん夫妻のNYセレブ生活を疑問視

2021年11月07日 14時01分

眞子さん(右)と小室圭さん(ロイター)
眞子さん(右)と小室圭さん(ロイター)

 中国メディアが眞子さんと小室圭さん夫妻の〝ニューヨークセレブ生活〟を疑問視した。

 中国メディア「百度」に掲載された論説サイト「灰姑娘説事」が、眞子さんと小室さんの今後の生活について特集した。

 2人が居住するとみられる高級アパートメントについて「夫婦は結婚生活の場として月額約80万円のアパートメントを借りるようだ。広さは約100平方メートルで、マンハッタン島の西側にあるアッパーウエストサイドという高級住宅街にある」と紹介。そのうえで「ここには多くのセレブが住んでいる。その優れた地理的位置と多くの文化施設に加えて、適切な学区もある住宅地だ」と世界屈指のスーパーセレブタウンと指摘した。

 ただ、2人がこの土地で生活を続けられるのか疑問を投げかける。

「セレブとして、法曹に専念してきた小室圭のキャリアはどうなるのか。ニューヨークでまっとうにスタイリッシュな生活を送るためには、収入の要件は低くない」と指摘。小室さんがニューヨーク州の司法試験に落ちたことを念頭に「弁護士になれば約2000万円の収入が見込めるが、年収は大幅に減り約600万円にとどまる。眞子内親王はメトロポリタン美術館で働く機会があり、年収約1500万円になる。夫婦の年収は当初予想された3500万円から2100万円に減少する。この数字では、年間家賃が1000万円になるアパートメントに住むのはかなり難しい」とした。額面で2100万円としても税引き後の手取りは1500万円に満たないとみられ、年間1000万円の家賃がかかる部屋に住むのは無茶というわけだ。

「彼らの目の前の困難を克服するために、どのように協力するのだろうか」。セレブ生活を維持するために2人が取る手段は…。

関連タグ:

ピックアップ