元STU48・黒岩唯が〝全身脱毛症〟を公表 芸能事務所に所属し「個性として幸せ届けたい」

2021年10月28日 17時33分

黒岩唯(東スポWeb)
黒岩唯(東スポWeb)

 アイドルグループ「STU48」の元メンバー・黒岩唯(19)が芸能事務所「アローズエンタテインメント」と契約したことが28日、発表された。黒岩は芸能活動の本格再開を機に全身脱毛症であることを公表。新たな夢や活動への意欲を示した。

 事務所は「元STU48の黒岩唯が弊社に所属致しましたのでご報告いたします」と発表。黒岩は2017年3月、「STU48」正式メンバーになったが、同年10月に活動辞退を発表(11月に活動終了)。その後はフリーとして活動してきた。事務所からの声をかけ「この度、アローズエンタテインメントから声をかけさせていただき所属することになりました」とした。

 STU初の卒業生となった黒岩は幼少時からの持病があるという。事務所は「1歳半から円形脱毛症になり、3歳で全身の毛が抜け落ち、全身脱毛症になりました。まゆ毛、まつげ、頭髪などすべての毛がなくなりました。あらゆる治療を試しましたがすべて効果がありませんでした。今まですべての毛が生えそろう事は一度もありませんでした。今はウイッグのない生活ができない状態です」と病名と症状を説明した。

 黒岩は「私は、かわいい洋服を着てかわいい髪型をして歌って踊っている48グループにずっと憧れていました。当時私は、髪の毛が少なくかわいい髪形はできませんでした」とアイドルを目指した理由と在籍当時を振り返った。そして「この度アローズエンタテインメント様とご縁があり所属することになり、今までできなかったことを事務所と一緒に実現していきたいと思っています。病気だから人前に立つことはできない!ではなく、この病気だから何もできない!ではなく、見た目が周囲と違ってもそれは個性として自分にしかない特別な事! という自信をもって、病気の私でもたくさんの方に幸せを届けられるよ! という事を伝えたくて、髪の毛の事は隠さず黒岩唯の個性としてオープンにして活動していきたいと思っています」と決意を述べた。

「私がここまで前向きに生きてこられたのは、母の愛情があったからです。どんな事を言われても、どんな事をされても、母はいつも強く私を守ってくれました。そんな母が私の最大の支えです。母がどんな時も味方で、どんな時も一番の理解者でいてくれたから今の私があります」と母のサポートに感謝した。

 病名を公表した黒岩は「私の夢は地毛でポニーテールをすることです。同じ病気で悩んでいる方やそのご家族の方に勇気を持って生きてもらえるように今後いろいろな活動をしていきたいです」と新たな夢を明かし「応援してくださるファンのみなさんに恩返しができるよう、私にしかできない、いろいろなことに挑戦していきたいと思っています。これからの黒岩唯を見ていただけたらと思います。よろしくお願いいたします」と呼びかけた。

関連タグ:

ピックアップ