カトパンが選んだ一世風靡「ロピア」二代目社長の実力 専門家も唸る「お目が高い」

2021年06月08日 18時00分

さすがの目利きを発揮したカトパン

 7日に結婚を公表したフリーアナウンサーのカトパンこと加藤綾子(36)が結婚した相手が年商2000億円企業の2代目社長だったことを文春オンラインが報じた。

 インターネットでは、文春オンラインが出した「東京・神奈川を中心に60店舗」「慶應卒の39歳、2代目社長」「ゴルフの腕前がプロ並み」といったキーワードでお相手探しが白熱し、7日夜には神奈川県川崎市に本社を構えるスーパー「ロピア」のサーバーがダウンする事態となった。

「ロピア」とは一体どんなスーパーなのか?

「精肉店にルーツがあるスーパーなので肉の品揃えに強みがあります。折り込みチラシを出さず、基本的にはクレジットカードや電子マネー決済も使えず現金決済でコストダウンを図っているところも特徴。昨年5月にはコロナ禍で休業中の居酒屋チェーン『ワタミ』から出向する従業員を受け入れることでニュースになりましたね」とは経済紙記者。

「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)で加藤アナと共演したことがある流通評論家の渡辺広明氏も驚きを隠さない。

「さすが加藤アナ、先見の明があるなと思いました。というのもロピアはEDLP(エブリデイロープライス)という特売に頼らない売り方で注目されているスーパーだからです。都内では顧客満足度1位のオーケーストアが目立っていますが、ロピアは昨年、大阪・寝屋川店を皮切りに兵庫、奈良へと進出し関西でも顧客支持を高めています。さらに現社長が就任してからは積極的なM&Aを推し進めて高級外食にも取り組んでいます。肉の仕入れの強みを生かして、外食でも成長が期待されていますよ」

 肉食女子アナの実力をいかんなく発揮したということか――。

関連タグ: