スーパークレイジー君が辞職圧力騒動を激白 当選異議申し出にも猛反論「証拠ある」

2021年02月17日 19時27分

騒動の真相を激白したスーパークレイジー君

 1月の埼玉・戸田市議選に当選した歌手のスーパークレイジー君(34)がいきなりの正念場を迎えた。15日付で市民から「居住実態がない」との当選異議申し出を戸田市選挙管理委員会(選管)が受理したのだ。

 クレイジー君はSNSで反論し、辞職圧力があったことも暴露。17日、取材にクレイジー君は身の潔白を主張するや、市側は謝罪するなど、事態は急展開を迎えている。

「当選したらあら探しをしてくる人が出てくるのは分かっていた。もともと自分はイメージが悪い。特に居住実態については白黒どうでもいいから異議申し立てが出るのは分かっていたんで、来たなという感じです」

 クレイジー君は先月31日投開票の市議選で当選した。公職選挙法で、地方自治体の選挙では、その自治体に3か月以上の居住が立候補の条件になる。都内在住だったクレイジー君は昨年10月2日に単身、住民票を戸田市内に移し、選挙に備えていた。

「(生活していた証明となる)電気、水道、ガスの明細書はあります。ライブの仕事で、週末に1泊2日で関東から離れる時は何度かあったが、生活の実態は戸田にあります。嫁と子供が住む都内の家には、車で20~30分くらいの距離なので、すぐに会えるし、(戸田市に隣接する)川口に来てもらったりしていた」と「居住実態なし」は言いがかりだとする。

 さらにクレイジー君は選管幹部から脅迫まがいの辞職圧力を受けた件についての詳細に言及した。

「2月4日深夜に選管の人から『大事な話がある』と呼び出された。『会う場所は市役所ですか』と言ったら『市役所じゃ、ちょっと…』と真っ暗闇の小学校の前。居住実態の件で『裁判とかになったら戦うには相当体力が必要だ』『当選無効を狙っている組織は巨大組織だからすごい』『今すぐ辞職して、ゴメンナサイというのが一番、あなたの株が上がる』『(応援していた)子供たちが悲しむぞ』などと言ってきたんです」

 クレイジー君の当選は〝奇跡〟といわれ、そのあおりで、国政政党の公明党や共産党の候補者落選が話題になった。クレイジー君が自ら辞職した場合、選挙から3か月以内の場合は、補欠選挙とならずに次点の候補が繰り上げ当選となる。
 
 選管は取材に対し、深夜にクレイジー君を呼び出したのは〝面会〟だったとした上で「仮に居住実態に疑義が生じる場合は当選を辞退するというのも一つの選択肢である旨を説明いたしました。仮に居住実態がなければ公選法違反となる可能性があることを提示したものであり、辞職を求める意図はありませんでした」と釈明した。

 そのうえで「深夜の面会となったのは任期初日である2月6日が迫っていたことから、速やかに不明瞭な点を解消し、議員に正確な情報を伝える必要があると判断したものです。しかしながら、(選管幹部の)言動は誤解を招くものであり、不適切であったと考えております」と選管幹部には注意指導するとした。

 選管は圧力問題と異議申し出の調査については別問題とし、30日以内に結論を出す。19日にはクレイジー君側へのヒアリングが行われる予定。18日にクレイジー君は記者会見を開き、自らの潔白を改めて主張する構えだ。

関連タグ: