伊勢谷友介容疑者 机の上に吸引具&灰皿に燃えカス 押収量約20グラムで40回分

2020年09月08日 19時59分

伊勢谷友介容疑者

 人気俳優の伊勢谷友介容疑者(44)が8日、東京・目黒区の自宅で乾燥大麻を所持していた大麻取締法違反容疑で警視庁組織犯罪対策5課に現行犯逮捕された。同課によると「弁護士さんが来てからお話ししたいと思います」と供述しているという。

 逮捕容疑は8日午後4時40分ごろ、目黒区の自宅で、4袋のうちの1袋(約7・8グラム)を所持した疑い。リビングの机の引き出しに乾燥大麻が入ったチャック付きのビニール袋4袋と、机の上にタバコの巻紙のような吸引具が複数あった。

 乾燥大麻は逮捕時に所持していた7・8グラムを含め、合わせて20・3グラム。関係者によると「部屋に普通に置かれていた」という。

 大麻を使用した形跡は「若干あった」そうで、灰皿には燃えカスのようなものがあった。ただ、伊勢谷容疑者は喫煙者なためタバコの可能性もある。

 大麻の末端価格は1グラム6000円程度。押収量約20グラムだとおよそ12万円となる。1回分が0・5グラムとすれば、40回分を所持していたことになる。

 警察関係者によれば「個人で所持する量としては多い」という。

 ただし、当局は営利目的の可能性は低いとみているという。