手越祐也の著書が週間ベストセラーで1位の快挙 男性から多くの支持「自己啓発に良い」

2020年08月15日 18時41分

快挙達成の手越

 ジャニーズ事務所を退所した手越祐也(32)が快挙達成だ。

 トーハンの週間ベストセラーがこのほど発表され、手越初のフォトエッセイ「AVALANCHE 雪崩」(双葉社)がエンターテイメント第1位を獲得した。2位は「LILY’S CLOSET」、3位は「SWITCH Vol.38 No.8 特集 TV案目『鬼滅の刃』誌上総集編」だった。

 初の著書は退社したジャニーズや〝戦友〟への思いとともに、これまでウワサになった女性芸能人についても触れられている。昭和の大物俳優が晩年に出すような本を、手越は32歳でリリースした。

 驚くべきは購買層の性別だ。大半が女性と思いきや、意外にも男性ウケが良い。アマゾンレビューでは「暴露本かと思ったらSNS社会を生き抜くための自己啓発の必要性や問題提起が書かれていた」「読んでいるだけでポジティブになれた」など高評価が相次いでいる。

「女性芸能人を実名で記したことでハレーションが起き、ネット上では批判の声も上がりましたが、実は購入者の満足度は高い。暴露本ではなく、ビジネス本や自己啓発本の一種と考える人も多い」とは書店関係者。

 手越は出版後、自身のユーチューブチャンネルで多方面への影響に対し、謝罪動画をアップしていたが、そこはスーパーポジティブ人間。すぐに気持ちを切り替え、次の仕事に臨んでいるという。 

 16日にはオンラインライブ「THE BANQUET」をファンクラブ限定で配信予定。手越のルーツである楽曲を中心としたオリジナルソロ曲やカバー、トーク、インターネットを通したファンとのインタラクティブな交流が用意されているという。

「定期開催を目指しているそうです。いずれはアッと驚くスペシャルゲストも投入されるとか」(音楽関係者)

 手越からしばらく目が離せない。