関東連合・石元太一服役囚の代理人が激白「見立真一の居場所」と「再審請求」

2020年07月12日 06時15分

石元太一服役囚

 あれから8年…。2012年9月に発生した「六本木フラワー襲撃事件」が再び動き出した。実行犯として懲役15年の実刑判決が確定した〝半グレ集団〟関東連合の元メンバー・石元太一服役囚(38)が、このほど再審請求の申し立てを行ったのだ。本紙は代理人の和久田修弁護士を直撃! 石元服役囚の近況、そして海外逃亡中の主犯・見立真一容疑者の最新情報について聞いた――。

 12年9月、六本木のクラブ「フラワー」(閉店)で、飲食店経営者の男性(31=当時)が目出し帽をかぶった複数の男に金属バットで撲殺された。

 実行犯として逮捕された石元服役囚は一貫して無罪を主張したが、13年の東京地裁判決では、凶器準備集合罪、建造物侵入罪、傷害致死罪が適用され、懲役11年の実刑が言い渡された。

 翌年、東京高裁で開かれた二審判決では一審判決を破棄し、懲役15年の判決が下った。同服役囚は上告したが、最高裁判所は上告を棄却し、懲役15年が確定し、現在は横浜刑務所で服役している。

 その石元服役囚が捜査過程で不可解な点があるとして、先月23日付で東京高裁に再審請求書を提出した。

 代理人を務める和久田氏は、本紙取材に「石元氏は一貫して事件には関わっていないと主張しています。テレビで事件当日の防犯カメラの映像が流れたと思いますが、ほかの襲撃メンバーが目出し帽で変装しているのに対し、彼だけは素顔で短パン。これが襲撃する人の格好に見えますか?」と疑問を投げかける。

 事件の主犯は関東連合の元リーダーで絶大な権力を握っていた見立容疑者で間違いない。かねて見立容疑者は抗争相手のXという人物をマト(標的)にかけていた。和久田氏が続ける。

「その日、石元氏はフラワーの近くで知人のパーティーに参加していました。その間にフラワーの従業員からXに似た人物が店に来ていることを伝えられ、石元氏は見立に電話でそのこと報告。石元氏が関与したのはここまでです。防犯カメラに彼が映っていたのは、たまたまパーティーの2次会会場がフラワーの近くであったため。それで映り込んでしまった」

 石元服役囚が事件のことを知ったのは帰りのタクシーの車内。知人からの報告に「そんなことがあったなんて知らなかった」「関わらないで良かった」などと話していたという。

 和久田氏によれば、このタクシーにあるドライブレコーダーが再審の鍵を握るという。

「六本木は防犯カメラだらけの街。当然、石元氏が乗ったタクシーは特定されています。にもかかわらず、当局は捜査段階から『わからない』『ドライブレコーダーなどない』と繰り返している。主犯の見立に海外に逃げられ、面目丸潰れの警察が、体裁を保つために芸能界デビューして有名だった石元氏をスケープゴートに使ったのではないか」

 和久田氏は横浜刑務所にいる石元服役囚と定期的に面会している。同氏によれば「坊主頭で、少しやせたのかもしれないが、眼光は鋭いまま。『見立!』と呼び捨てにしています。『見立から供述が取れれば…(真実が明らかになる)』とも話しています」という。

 その見立容疑者だが、事件直後に日本を出国。東南アジアに〝潜伏〟していると噂されるが、和久田氏は「フィリピンにいると聞いています」と証言。関東連合OBから情報提供があったという。

 ただし具体的な居場所までは不明。仮に見つけたとしても日本とフィリピンの間で〝犯罪人引渡し条約〟は締結されておらず、なかなか手は出しづらい。

 再審請求の審査には1~2年かかるとみられる。事件の〝闇〟が明らかになる日はやって来るのか――。