衆院選で「手越&ゆづか姫」最凶タッグ?N国・立花党首が投入宣言

2020年07月06日 06時15分

立花氏(左)は手越(中)と新藤氏(右)の投入を予告する

 5日投開票された都知事選と都議補選に計5人の候補者を擁立したホリエモン新党は当選なしで終わった。NHKから国民を守る党の代表も兼任する立花孝志党首(52)は都知事選で惨敗しても「態勢を立て直す」と気落ちすることなく、今秋にも噂される衆院選へ向け、次なる爆弾投下の準備に入った。

 都知事選&補選で仰天作戦を次々と実行した立花氏。堀江貴文氏の愛称を冠した「ホリエモン新党」から都知事選には自身を含め、3人の候補者を擁立。ポスター掲示板には堀江氏の顔が3枚並び、立花氏以外の2人の候補者は名前すらなく、ポスターが破かれる被害が連日各所で起こった。

 政見放送でもNHKアナウンサーによる不倫路上カーセックスをコミカルに再現し、多くの人が眉をひそめた。

 さらに都議北区補選の〝女だらけの戦い〟には、美女配信者の〝ゆづか姫〟こと新藤加菜氏(27)を送り込んだ。新藤氏はアベノマスクをブラジャー代わりにしたポスターを作成し、ネット上で批判にさらされ、涙ながらにブラ部分の修正を余儀なくされる騒動にもなった。

「選挙をオモチャにしている」「当選する気がないのに出るな」などとバッシングされたが、立花氏や新藤氏にとっては、無党派層や若者に少しでも政治に興味を持ってもらうための売名行為でしかない。

 炎上商法ともいえる今回の選挙戦で、ホリエモン新党のホームページへのアクセスは20倍に跳ね上がり、「ゆづか姫」の検索は大手検索サイトのランキングトップ5にも入り、お釣りが来るほどの〝広告効果〟があった。

 立花氏は都知事選で6位に沈んだが、既に視線は次の衆院選や2年後の参院選へ向けられ「ゆづか姫はもちろん衆院選にも出すし、なんとか手越くんを説得したい」と話す。

 本紙既報どおり、立花氏はジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也(32)をホリエモン新党の目玉候補として迎え入れたい意向を明かしていたが、既に手越本人と面会できるよう親交の深い堀江氏や周辺に打診しているのだ。

 ジャニーズを敵に回した手越は今後、以前のようにテレビ出演するのは至難の業だ。そこで立花氏が提案するのが国会議員になるプランだ。

「僕みたいに当選して、すぐ議員を辞めてもらってもいい。今後の手越くんの活動を考えた時に『元国会議員』の肩書があった方が絶対に動きやすい」と立花氏は力説する。

 新藤氏も「美男美女戦略で、なかなか美男枠の候補がいなかった。あんなズバ抜けたイケメンが来てくれれば、うれしい。私とのコンビで最強?〝最狂〟の組み合わせになりますよね(笑い)」と歓迎する。

 ゆづか姫とジャニーズの悪童による選挙ジャック…。確かに想像するだけで恐ろしいが…。