「ダメなら引退」まずは企画発表ユーチューバー・石橋貴明の第一声

2020年06月20日 17時00分

石橋貴明

 お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(58)が本紙既報通り、ユーチューバーデビューした。「貴ちゃんねるず」を開設し、19日午後9時に1本目の動画を配信。「ダメなら引退」と口にしているが、その本気度は?

 本紙は5月12日発行の紙面で、石橋のユーチューバーデビューについて報じた。石橋は18日夜にツイッターを開設し「本日深夜に、これから新しくやることの発表をしちゃいます」と投稿。その「新しくやること」がユーチューブだった。

 その後、ラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)に“乱入”し、「この1年やってみて、ダメならまぁ引退」と言い切った。

 ここ数年、石橋は苦しい時期を過ごしている。2018年3月に「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が終了。直後に新番組「石橋貴明のたいむとんねる」が始まったが、視聴率が振るわず今年3月に打ち切り。4月から「石橋、薪を焚べる」がスタートしたが…。

「『薪を――』はついに深夜に追いやられ、全国ネットでもなくなった。これまでの貢献度、局上層部との太いパイプから何とかレギュラー番組を維持できているだけ。世間から『フジのお情け』なんてやゆされていることを石橋も知っており、ここまできたら最後にユーチューブで勝負をかけてやろうという気持ちでいっぱい。今のテレビでは難しくなったことを積極的にやる意向です。これがダメならば、本当に引退の道を選ぶ可能性は高いでしょう」(芸能プロ関係者)

 19日は「石橋貴明、58歳。YouTube、はじめるでしょ」のタイトルで動画を配信。「(登録者数)1万人目指してやりますか!」と言う石橋は、「1人プロ野球ニュースみたいなのをやりたい」と意気込みを語った。

 石橋の芸人人生をかけた最後の大勝負の結果はいかに――。