ナイナイ岡村“女性蔑視”発言でピンチ!「隠れた人間性がにじみ出た」と大炎上

2020年04月27日 17時00分

岡村のラジオ発言が波紋を広げている

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(49)が大炎上している。23日深夜放送のラジオ番組内で、性風俗に言及。「コロナ終息後に絶対面白いことがある」と切り出し、普段よりもレベルの高い女性が稼ぐために風俗嬢になるという趣旨の発言をした。ネット上では「女性蔑視だ!」と批判が殺到。発言の問題点を指摘したNPO法人「ほっとプラス」理事の藤田孝典氏は本紙取材に「男性優位の卑劣な言葉だ」と一刀両断。風俗情報誌「俺の旅」の生駒明編集長も「いまは風俗業界はナーバスな時期。そっとしてほしかった」と訴えた。

「コロナで生活に困ったら女性は『カラダを売れ』って発想。知名度のある人がこんな発言をするなんて、信じられません」

 そう話すのは、聖学院大学心理福祉学部客員准教授で、NPO法人ほっとプラスの理事を務める藤田氏だ。同氏が26日にニュースサイト「BLOGOS」に投稿した「岡村隆史『お金を稼がないと苦しい女性が風俗にくることは楽しみ』異常な発言で撤回すべきではないか」という記事が大きな波紋を広げている。

 発端は23日深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」。岡村はリスナーの「今後しばらくは風俗に行けない」という悩みに「コロナが終息したら絶対面白いことがあるんですよ」と切り出し「コロナ明けたらなかなかのかわいい人が、短期間ですけれども、美人さんがお嬢(風俗嬢)やります。なぜかと言えば、短時間でお金を稼がないと苦しいですから」と持論を展開した。

 そして「3か月の間、集中的にかわいい子がそういうところでパッと働きます。そしてパッとやめます。その3か月のために頑張って今は歯食いしばって頑張りましょう」と呼びかけた。発言の間にはスタッフの笑い声も聞こえていた。

 ネット上では「女性蔑視だ」「隠れた人間性がにじみ出た」と大炎上。

 冒頭の藤田氏は「貧困者を支援しようとする気持ちがゼロ。何ならお金がなくなって風俗業界に流れてくるのを楽しみにしているという内容だ。きっと彼はお金を持っている男性は女性より優位、男のために女性がいるという考え方なのだろう。卑劣でありえない。一緒に笑っていたスタッフも同罪だ」と憤る。

 岡村が発言を撤回すべきなのは当然だといい、「でなかったら、本当に異常ですよ」とまで言ってのけた。

 当事者である風俗嬢に近い人は“岡村発言”をどう捉えているか?

「俺の旅」の生駒氏は「岡村さんも悪気はなかったと思いますが…」と前置きした上で、次のように語る。

「風俗業は貧困者の最後の受け皿。そこがいまコロナで厳しい状況になっています。非常にナーバスな時期なので、こういった話題は勘弁願いたい。できれば、そっとしておいてほしかったです」

 藤田氏同様、岡村に欠けているのは、「支援の意識」と指摘。生駒氏は「彼が風俗好きなのは伝わったので、どうせなら“足長おじさん”のように、こういう状況下でも店に足を運んでもらいたいですね。“濃厚接触”が嫌なら、風俗嬢と会話するだけでもいいじゃないですか。黙ってできる支援もあります」と進言する。

 世の中にはコロナ禍で生活が困窮し、ほかに選択の余地がない中で風俗の世界に足を踏み入れている女性もいる。他方で貧困女性は性的な搾取の対象になりやすいという社会問題も生じている。

 岡村の発言はそうしたセンシティブな部分への配慮が圧倒的に足りなかった。

 岡村が所属する吉本興業の担当者は「番組の中で起きたことなのだから、まずはニッポン放送さんに聞いてください」とコメント。本紙がネット上でどれほどこの問題が広がっているかを調べるべく、SNSやユーチューブでラジオの内容を確認できたことを伝えると、「重大な著作権侵害だ! 東スポさんだからってバカにしているわけではありませんよ。著作権侵害だ」とまくし立てる一幕もあった。

 ニッポン放送の担当者は「次回放送(30日深夜)で(岡村本人が)対応する予定です」と述べた。議論はまだまだ続きそうだ。