アプガ(2)が無観客ライブ生配信「『おうちライブ』として楽しんで!」

2020年03月28日 18時00分

無観客ライブを行った「アップアップガールズ(2)」

 アイドルグループ「アップアップガールズ(2)」(高萩千夏=22、吉川茉優=21、鍛治島彩=20、中川千尋=15、佐々木ほのか=14、森永新菜=18、島崎友莉亜=17、新倉愛海=16)が28日、都内で「ライブツアー2020 アオハルし・て・る・も・ん 春満開」の無観客ライブを行い、ライブ配信サービス「fanistream」で生配信した。

 今回のライブは新型コロナウイルス感染拡大防止のため、都内などで外出自粛要請が出る中、行われた。リーダーの高萩が「外出できないときだからこそ『おうちライブ』として、歌って踊って楽しんでもらいたい。元気を届けたい」と意気込めば、鍛治島は得意の鼻リコーダーでアピール。ほかのメンバーも「このパワーを伝えていければ」と続いた。

 ライブは今年1月に8枚目のシングルとして発売された「世界で一番かわいいアイドル/し・て・る・も・ん」からスタートし、全15曲を熱唱。「青春」をテーマとしているグループだけに、いつも以上に元気いっぱい。ライブ途中では、コメント欄に流れるファンの書き込みを読み上げるなどして交流しつつ、キレキレのダンスパフォーマンスで約1時間30分のライブをやり切った。

 2月から始まったツアーは新型コロナウイルスの影響もあり、3月以降は中止や延期が続いている。この環境下でのライブに高萩は「私たちはライブアイドルだから、ライブすることを諦められないので、このような形を取りました」と説明。「ライブする時期はまたやってくるので、そのときには皆さんの笑顔の源となれるように頑張っていきたい」と結んだ。

【関連記事】