小倉優子“離婚騒動”に「妻として私の至らない点が」

2020年03月12日 08時46分

小倉優子

 再婚相手の歯科医との“離婚騒動”が報じられたママタレントの小倉優子(36)が12日、インスタグラムを更新して、騒動に初言及した。

 小倉は「この度は私たち夫婦のことでお騒がせしまして大変申し訳ございません。報道された内容には事実と異なることもありますが、夫を支える妻として私の至らない点がありました。今は家族で穏やかに過ごせる日を心から願い、二人の子供達と新しい命を大切に守って参りたいと考えております」とコメント。

「主人はご来院くださる患者様のために、日夜診察にあたっております。誠に勝手なお願いですが、主人の職場、家族への取材はお控えくださいますようお願い申し上げます」と要請した。

 コメント欄には「ゆうこりん、頑張ってください」「応援してます」「人生色んなことが誰にもあります。誰も憎まず川の流れに逆らわずいきましょうね 頑張って」「負けないでね」とフォロワーから多数のエールが送られた。

 小倉は2011年にイケメン美容師と結婚。翌年、第1子の長男を出産した。16年に第2子を妊娠中に、夫が小倉の後輩タレントと不倫交際していることをすっぱ抜かれ、出産後の17年に離婚。18年のクリスマスに半年の交際を経て歯科医と再婚し、先月28日に第3子の妊娠を発表したばかりだった。