のん「カップ焼酎」パッケージデザイン手がけ「自分でも格好いいなと思う」

2019年11月01日 10時47分

パッケージデザインも担当したのん

 連続テレビ小説「あまちゃん」、アニメ映画「この世界の片隅に」(声優)、LINEモバイルのCMなどで知られる女優・のん(能年玲奈=26)が1日、東京・新宿区のビームス・ジャパンで行われた「本格焼酎3社×BEAMS JAPAN『焼酎のススメ。』発表会」に出席した。

 芋焼酎「白波」の薩摩酒造、麦焼酎「いいちこ」の三和酒類、米焼酎「白岳」の高橋酒造が、12月4日まで同店に特設コーナー「スナック びーむすじゃぱん」を設置。カップ焼酎と限定アイテムを販売する。

 のんは同スナックの天真らんまんなママという役どころで、パッケージデザインも担当した。「責任重大な仕事なので、3社のイメージを聞き取って、今あるデザインを見ながら2か月くらい構想して行き着いた。こんなに有名な焼酎のパッケージを描けるなんて、すごいうれしくて、やったーという感じ。10種類くらい描いて、自分の中に新たな色彩が出てきた。自分でも格好いいなと思う」と満足感を見せた。

 イベントに合わせて、のん主演のWEBムービーが公開されている。「初めてのママ役。故江利チエミさんの映画『サザエさん』を見てきて、小泉今日子さん(53)の雰囲気を入れようと思ったが、江利さんが多めになった」とほほえんだ。

 ビームスの設楽洋社長は、そんなのんを「味もキャラも違うものをひとつにまとめるのは大変。シンプルにストレートに麦と米と芋を表現してくれた。彼女の太陽のようなキャラが出ている。本格焼酎にぴったりのアートになった」と絶賛した。