【アニソン四半世紀】Oranges & Lemons「空耳ケーキ」想像の上を行く「不思議系ポップス」

2021年06月06日 10時00分

Oranges & Lemons「空耳ケーキ」CDジャケット

「よつばと!」などで知られる人気漫画家・あずまきよひこ原作のアニメ「あずまんが大王」(2002年)オープニングテーマ。歌っているOranges & Lemonsは、ソロでも活躍するアーティストの上野洋子と伊藤真澄による2人組のユニットだ。

 この曲をひと言で表すなら“不思議系ポップス”。そもそもタイトルの「空耳ケーキ」というのが何だかさっぱり分からない。歌詞はファンタジックな要素を含みつつも、極めてシュールでこれまたさっぱり分からない。

 メロディーはキャッチーでかわいらしいが、コード進行や音の運びなどが想像の斜め上を行くという、実はけっこう複雑なもの。

 ユニット名の「Oranges & Lemons」といえば、英国の童謡「マザー・グース」の一つ。また、同じく英国のマニアックなポップロックバンド、XTCのアルバムタイトルでもある。楽曲の屈折度からすれば、たまたまではなく確信的に付けたユニット名だと思う。

 ちなみにCDシングルのカップリング曲「Raspberry heaven」は、「あずまんが大王」のエンディングテーマとして使用された。こちらも「空耳ケーキ」よりはいくぶん素直な印象の曲だが、それでも一般的なJポップと比較したら相当にひねくれている。

 上野&伊藤のコンビは他にもアニソンなどを手掛けているが、Oranges & Lemons名義でリリースしたのはこのシングルに収録された2曲のみ。「よつばと!」がアニメ化されることになったら、この2人の再登板に期待したい。

【関連記事】

関連タグ: