薄井しお里 ガチのノーパン好き「今すぐにでも脱ぎたい」

2019年11月03日 19時36分

薄井しお里

 グラドルの薄井しお里(29)が3日、都内で2枚目のDVD「恋愛予報」の発売記念トーク&握手会を開いた。

 元局アナ(東北放送)という肩書と正統派の美貌を持ちつ薄井は、「緊張するとノーパンになる」という特異なキャラクター(?)で話題だ。

 沖縄で撮影した作品ではリポーター役を演じた。「お仕事帰りに彼のおうちに行って、ベッドでイチャイチャ。ソファでイチャイチャ。海に出かけてイチャイチャ。イチャイチャ満載となっております」とハッキリした滑舌で解説してくれた。ハブが出たという情報を受けた薄井が現場に駆けつけるカットも用意されている。

 テニスのシーンではパンチラも披露。だが「緊張するとノーパンティーになってしまう私としては、パンティーを撮られるのは逆に緊張してしまって、今すぐにでも脱ぎたい。今もです」と話した。

 先日「有吉反省会」にノーパンで出演したことで注目された。薄井の中では「ノーパン」ではなく「ノーパンティー」と呼ぶこだわりがある。逆にはいているときは「イエスパンティー」。この日のイベントは「イエスパンティーで来させていただきました」とのこと。ちなみに、パンティーは「4枚くらいしか持ってない」そうだ。

 これだけノーパン推しのグラドルだけに、始球式の仕事が依頼されてもおかしくない。「始球式やったことないんです。『ノーバン』が『ノーパン』に見えるってやつですよね。やりたいんですけどもね」。来季のプロ野球で「ノーパン始球式」の見出しを、ぜひ東スポで飾ってほしいものだ。