がん闘病アイドルが激白 テレビ局の冷淡すぎる豹変ぶり

2015年09月06日 10時00分

がんを克服した夏目

 子宮頸がんを発症し、寛解したアイドル・夏目亜季(24)が、闘病中の秘話を本紙に明かした。


 昨年7月、夏目は血尿が出て9月、大学病院で子宮頸がん(ステージ1)と診断された。リンパ節への転移も発見され、10月に一時入院して、その後は通院し放射線と抗がん剤で治療し、今年1月に寛解した。以後、アイドルとして活動を再開させた。


 だが、8月下旬から「腹痛がして、大量に出血して便器が真っ赤に染まり不安」と訴え、転移か?と心配していた。


 9月上旬、医師の検査を受けると「放射線の影響で、大腸が炎症を起こしている」とのことで、転移も再発もなく胸をなでおろしている。


「ビビってました。良かったです」と笑顔を見せた夏目は「今はがんは治る時代です。私が芸能活動を通して、患者さんに勇気を与えたい」と張り切る。


 本紙が夏目のがんを伝えると、他のマスコミもこぞって取り上げた。週刊誌の「女性自身」、テレビ東京「生きるを伝える」、読売テレビ「あさパラ!」、産経新聞、赤旗などが特集を組んだ。


 そうした中、夏目に某テレビ局から、ドキュメンタリーを撮りたいと取材依頼があり、これを受けた。だが、闘病中はカメラを回していたが、病気が治ると、なしのつぶてになったという。


「『治ってしまえば、視聴者は共感しないよね』と番組スタッフに言われました。本音かもしれませんが…。お蔵入りですね。そのスタッフにメールを送っても返信はありません。治ったら、ダメなのかって思ってしまいます」と唇をかむ。


 現在はフリーのため「芸能事務所に入ればこういうことも言われなくて済みますかねえ。女性1人だけでやっていると、つらいことも多いです」と所属事務所も探している。


 一方、夏目が歌う新曲「負けない」はスカパー!のアイドル専門チャンネル「KawaiianTV」でヘビーローテーションされている。「ぜひ聴いてください。元気が出ますよ」とアピールした。