たかじん妻「遺贈」返還請求 OSAKAあかるクラブ認める

2015年05月07日 18時53分

やしきたかじんさん

 昨年1月に亡くなったタレント・やしきたかじんさん(享年64)がキャプテンと理事長を務めていた一般社団法人「OSAKAあかるクラブ」が7日、公式ホームページを更新し、たかじんさんの最後の妻・さくら氏から「(2億円の)遺贈を放棄して欲しい」と事実上の返還請求があったことを明らかにした。
 
 同クラブには昨年12月、たかじんさんの遺言で遺産から2億円が寄付された。使い道は大阪のために頑張ってくれた人を表彰する「たかじんメモリアル」の設立と運営で、運営が順調に行けば新法人の設立も希望していた。しかし、一部週刊誌がさくら氏が遺贈を放棄するよう求めたとの報道があり、同クラブ側は返還請求の事実を否定していた。
 
 この日、更新したホームページでは「一般社団法人OSAKAあかるクラブからのお知らせ」と題した4月30日付の文書を公開。返還請求についての状況説明とともに公式回答を発表した。「新法人で『たかじんメモリアル』の設立を行いたいので、OSAKAあかるクラブには遺贈を放棄して欲しい」とさくら氏から申し出があったことを明かし、この申し出を同クラブの理事会で検討した結果、「新法人における当クラブの役割や、遺贈金を放棄した場合の新法人での2億円の使途などに関する合意文書を取り交わさせていただきたい」という内容の遺贈放棄の条件をさくら氏に伝えたという。その後、協議を重ねたものの、さくら氏側の同意が取れず、合意には至らなかったとしている。
 
 同クラブは先月27日に落語家・桂文枝の新キャプテン就任の会見を行い、理事の1人が「(返還の)要求はなかった」と今回の発表とは異なる説明をした。そのため、同文書にはその経緯にも触れ、「当該理事は『(2億円を)奪い返そうとした』というのは語弊があると判断し、その場で不正確なコメントをしてしまいました」と記し、「皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。