俳優の黒沢年雄(80)が28日、ブログを更新。無許可で銃や弾薬を持っていたフランスの名優アラン・ドロンに言及した。

 フランスメディアによると、フランス中部ドゥシー・モンコルボンにあるアラン・ドロンの自宅を検察当局が捜索。72丁の銃と弾丸3000発を押収したという。ドロンは銃を保持する許可証を持っておらず、検察当局は武器違法保管などの容疑で捜査を開始した。

来日したアラン・ドロンと熱狂的女性ファン(1993年)
来日したアラン・ドロンと熱狂的女性ファン(1993年)

 このニュースに黒沢は「若い頃…素晴らしい映画の作品が多数あるフランスの大スターアランドロン。日本に来た時…勝新太郎さんとアラン、ドロンと、赤坂のクラブ…コパカバーナとニューラテンコーナーにご一緒した事がある…いい思い出だ」とアラン・ドロンとの思い出をつづった。

 その上で「そのアラン・ドロンさんが…!?詳しい事は解らないが…昨今、日本女性とのトラブルといい…良い余生を送って頂きたいものである」と88歳と高齢のドロンを案じた。

 ドロンは病気を患っているほか、最近では日本出身の女性にモラルハラスメントを受けたとして息子らが女性を告発するなどトラブルが頻発している。