お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔が27日、自身のユーチューブチャンネルを更新し、芸人を引退した元プラス・マイナスの岩橋良昌について語った。

 岩橋は、番組制作会社社長からのパワハラや、真木よう子とHey!Say!JUMPの中島裕翔からエアガンで撃たれたなどとX(旧ツイッター)に投稿した。

 村本は「見てないから分かんないですけども」と前置きしたうえで「経営者たちの飲み会とか、他業種の人たちの飲みの場所とかに行った時に、おもちゃのようにイジってくるヤツがいる。芸人に対してギャグをやらせたりとか」と証言。

 さらに「(芸人は)仕事だからこそやるっていうのもあるじゃないですか? 勘違いして境界線が分からないやつが『あのギャグやってよ~』みたいなことで絡んでくるヤツも中にはいるわけですよね。言ってみたら尊重してないヤツ」と続けた。

 エアガンで撃たれたことについては「岩橋が嫌がってるのを見て、これがホントに嫌なのかっていうことが分からないヤツっていると思うんですね。嫌がってるのを逆に面白いと思ってるヤツとか」と指摘。

 そうした中で告発した岩橋の気持ちはよく分かるという。「自分を尊重しなかった、大事にしなかった人間が、もしテレビとかで、いろんなとこですごくいい顔をしてると『ちょっと待て。お前、ちゃうやないか、それ。お前、あの時にオレ、何したか知ってんのか』っていう風にはなりますよね」と話した。