シンガー・ソングライターの平原綾香が30日、JPタワー商業施設「KITTE」(東京都・千代田区)で行われた「WHITE KITTE 10th Anniversary Christmas 清塚信也×平原綾香 スペシャルステージ」に出演した。

 今年デビュー20周年を迎える平原は、純白のドレス姿で登場。代表曲である「Jupiter」の他、清塚が施設の開業10周年を記念して作成した楽曲「Serendipity」を披露した。

 平原は、デビュー当時について「大学1年生の時にクラシックを聴く授業を受けてからカバーさせていただいて。クラシック(業界)の方も応援してくださって、すごくありがたかったです」と告白。「デビューした時は分からないことの方が多くて、たくさんくじけそうな時もあったんですけど、ツアーで色んな人に出会って元気が出たというか。とにかく修行の日々でしたね」とこの20年を振り返った。

 そして現在実施しているツアーについても「もちろん全国のお客さまとお会いできるのもうれしいですし、別に行くつもりじゃなかったけど連れてこられたみたいな方もすごく喜んでくださって。」と笑顔に。その後もステージに対する強い思いを語った平原は、「いつかステージに寝泊まりしたいって言ってたら、10周年の時に本当にテントを張ってくれたことがあって。20周年は絶対に言わないぞと…」と過去の行き過ぎた配慮を明かし会場を盛り上げた。

 歌声を披露した平原は「またここ(KITTE)で新しい出会いが起きることを願いながら歌わせていただきました。大切な人との別れがあってからクリスマス恐怖症だったんですけど、今日で乗り越えられそうです」と晴れやかな表情で締めくくった。