元AKB48で、株式会社Dct代表取締役社長の島田晴香(30)が22日、自身のSNSで一般男性と結婚したことを発表した。

 島田は「私事で大変恐縮ではございますが、かねてよりお付き合いをさせていただいておりました一般男性の方と入籍致しましたことをご報告させていただきます。入籍日は、11月22日ではないのですが、ご報告するタイミングがなかなか見つからず〝良い夫婦になれるように〟という意味も込めて本日ご報告させて頂きました」とつづった。

 島田は2009年の17歳の時、AKB48の9期生として加入。17年にグループを卒業し、芸能界からも引退した。その後、広告代理店勤務などを経て、20年にアイドルのセカンドキャリアを中心とした女性支援のベンチャー企業・株式会社Dctを設立し、代表取締役社長に就任し、精力的に活動している。

 お相手については「一般男性」としたが、取材によれば有名大学出身の30代の会社経営者で、数十億円の資産を保有しているという。

 なお、結婚の詳細については、この日開設した自身のユーチューブチャンネルで報告することを告知。「そちらの方で自分の言葉でお話ししていますので見て頂けたらと思います。YouTube始めた理由や旦那さんのことだったり話しております」とし、「今後とも、どうぞよろしくお願いいたします」と最後に締めた。