ボートレース戸田の「スカパー!・JLC杯戸田ルーキーシリーズ第21戦」は21日の最終日、12Rで優勝戦が行われた。1号艇の原田才一郎(27=福岡)が逃げて当地初優勝。今年3回目のVを達成した。

 進入は枠なりの3対3。インからコンマ11のSを決め、先マイを果たし他艇を完封した。「Sは勘通りでした。優勝戦はいいメンバーが揃っていて気が抜けませんでしたが、2周1Mあたりでは手応え十分でした」と振り返った。

 今節は10戦8勝オール3連対の盤石V。相棒の21号機には「完璧なエンジンでしたね。万全な状態で優勝戦を迎えられました」と満足げに語った。

 2023年後期にA1初昇格を果たしたが、キープできず24年前期はA2逆戻りとなる。それでも「調整力が上がっている自覚がある。今の調整力でまた大きい舞台で戦うのが楽しみ。だからこそA1に復帰して、定着できるように勝率を稼ぎたい。特にルーキーSは全て勝つつもりです」と自信満々だ。

 次走は25日開幕の芦屋ルーキーS。宣言通りの連続優勝となるか、注目だ。