女優の田中みな実(36)とテレビ朝日の弘中綾香アナウンサー(32)が9月いっぱいで卒業したバラエティー番組「あざとくて何が悪いの?」(テレビ朝日系)に、新MCの追加起用が検討されているという。現在名前が浮上しているのが、元テレビ東京のアナウンサーでタレントの森香澄(28)だ。

 田中と弘中が卒業した後、「南海キャンディーズ」の山里亮太に加え、新MCにアイドルグループ「℃―ute」の鈴木愛理を迎えた。

 あざとい男女のリアルな恋愛事情や人間関係の処世術を全方位から深掘りしていく同番組は、2020年にレギュラー化されると、その内容や田中、弘中アナの〝あざとい〟キャラクターが大ウケして人気番組となった。

 テレ朝関係者は「アイドルグループのメンバーとして活躍してきた鈴木さんも徐々にアイドルとして経験してきた〝あざとさ〟を出し頑張っていますが、いかんせん田中さんと弘中さんのキャラが強すぎたためパンチに欠ける。そこで制作サイドから女性MCをもう1人増やす案が出ており、森香澄さんの名前が挙がっています。今、乗りに乗っている森さんなら〝番組の顔〟として申し分ありません」と語る。

 テレ東時代にも〝あざとさ〟を前面に出し男性視聴者たちをとりこにしてきた。フリー転身後もその人気は健在。18日にも自身のインスタグラムに数々の〝あざとい写真〟を添付した上で「美人百花12月号、是非チェックしてみてください メンズの意見をもとに、いろんなあざといを表現しています」と投稿した。これには「たまらんです」「あざとかすみんに胸キュン」「ほくろが艶っぽい」などと、ハートをわしづかみにされたフォロワーが相次いだ。

「新体制がスタートしたばかりですが、来年4月をめどにテレ朝は検討しているようです。このようなバラエティー番組でキャラ立ちするのは、森さんのプラスにもなるはず」(同)

〝新・あざと女王〟は森に決まりか。