歌手・GACKT(50)が、19日放送のフジテレビ系「まつもtoなかい」に出演。日本に住んでいない理由を述べた。

 マレーシア在住のGACKTは「11年住んで。2年はヨーロッパにいたんですけど」「日本、四季があるじゃないですか? 耐えられないんですよね」と話した。

 日本の気温については「暑い時は極度に暑いじゃないですか? 寒い時は極度に寒くて、勘弁してくれよって思っちゃうんですよね。寒いの超苦手なんですよね」と語った。

 また、司会の中居正広から肌について褒められると、GACKTは「食事とか徹底しているので」と話し、炭水化物を食べないようにしていることを明かした。さらに「米はやっぱりいまだに夢に出ますよ。25年食べていないので」「決めているんですよ、死ぬ時に食べようって」と決意を述べた。

 子供の頃については「幼少の時は病弱でした。体質改善なんか、19の頃からいろいろやって、東京に出てきたのが二十歳だったので。二十歳くらいの時から、自分の思った通りに生きようって。自分の好きなようにやっていこう、自分のペースでやっていこうと思ったら、こうなっちゃったんですよね~」とも話した。