故ジャニー喜多川氏による性加害問題で、テレビ朝日が11月中旬に旧ジャニーズ事務所(現SMILE‐UP.)と自社の関係を検証する番組を放送することになった。

 テレビ各局は旧ジャニーズとの過去の〝癒着〟を反省。その検証番組をNHKが9月に放送したのを皮切りに、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ東京が10月に検証番組、またはニュース番組内で社内調査の結果を放送した。テレ朝の放送が決まり、NHKと民放キー全局の検証番組が出そろう形になる。

 テレ東は社員や元社員ら134人に調査を実施。先月26日に放送された約15分の検証番組では「2014年にハワイのコンサートに招待され、大勢のメディア関係者と同席で食事した」という元編成局員の証言が取り上げられた。

 これは嵐がデビュー15周年コンサートを開催した時の話だ。ハワイでイベントを行った際、旧ジャニーズはテレビ局員やメディア関係者を招待していた。

 現地では、国際電話で本社とやり取りをするメディア一人ひとりに専用ケータイを渡したり、高級ホテルに宿泊させたりしていたという。利益供与とも受け取れるが、各局で放送された番組では、ハワイ接待に関して詳細に検証されていない。

 芸能プロ関係者は「高級バッグで知られるエルメスの『バーキンをもらった!』と話していた女性芸能リポーターがいたそうです。テレビ各局はタレントの不祥事の際、その本人を直撃取材するために芸能リポーターを現場に派遣する。高級品はメディア懐柔策の一環だったのか…」と話す。

 メディア関係者の中には「私は頑張って自腹でバーキンを購入したのですが、こういう状況になって変な噂が流れてしまうので、バーキンを取材現場に持ってこないようにしています」とこぼす者もいる。

 テレビ各局は旧ジャニーズと健全な関係を築けるか。