元TBSのアナウンサーでタレントの小島慶子が3日、文化放送のラジオ番組「大竹まこと ゴールデンラジオ!」に出演。前日の2日に行われたジャニーズ事務所が開いた2度目の記者会見に言及した。

 パーソナリティーの大竹まことが夏休みということで、小島はフリーライターの武田砂鉄氏とともに代打で出演した。

 2日に行われたジャニーズ事務所の会見では、一部の記者がマイクを通さずに質問したり、ジャニーズ側がルールとして提示した「1社1問」の制約を守らない記者が続出。怒号が飛び交う中、会見に出席した井ノ原快彦が落ち着くように呼び掛ける一幕も見られた。

 会見で井ノ原は「会見は生放送で全国に伝わっているし、子供たちも見ている。被害者のみなさんには、自分たちのことでこんなにもめているんだと見せたくない。ルールを守る大人たちの姿を見せたい。どうか落ち着いてお願いします」と発言。これに対して拍手する報道関係者まで現れた。

 小島は、このことを報じた記事を紹介したうえで「『井ノ原さん、さすが』って思う人がいるのかもしれないけど、こういう場では、このコメントは、私は適切ではないと思うんですよね。やっぱりここで開かれている、この会見の本質を分かってないんじゃないか」と、井ノ原を批判した。

 これに対し武田氏も「ジャニー喜多川氏が、どういうことをやってきたのかってのはきちっとそこで議論しなければいけない。だからこそ、子供たちが見てるからこそ、生放送でやってるからこそ、追及をずっとし続けなくちゃいけない」と同調。また一部の報道陣が拍手したことについては「なかなかおかしな反応だなっていうふうに思います」と指摘した。

 小島は「『被害者のみなさんには、自分たちのことでこんなにもめているんだ、と思わせたくないじゃないですか』って記者会見で、加害した側の企業が言うのは由々しきことだと思う」と話した。