歌舞伎俳優の市川團十郎が4日、ブログを更新し、不吉な予感があったこと明かした。

 團十郎は写真は添付せず、文字だけで「直感ですが、何かが起こりそうな気がする」と投稿。続けて「なんだろう、地震でなければ良いのですが、」と心配した。

 團十郎と言えば、2021年2月13日に福島県沖を震源とするマグニチュード7・3の地震を的中したことで話題に。この時は13日午後1時44分、ツイッターに「なんとなくだけど、地震きて欲しくないなーとふと思う、」と投稿し、その約9時間後に地震が起きた。

 これには團十郎本人も「やっぱりきた、、」と驚きのツイート。翌14日には「昨日のツイートはたまたまですから、あんまり信じないでね」と冷静な対応を呼びかけた。

 
 團十郎は過去、自身のユーチューブ番組で〝不吉な予感〟が来た時の状況について「その日、すごい調子が悪くて。たまたま運転手が道を間違えた際に渋滞に巻き込まれた。なんか地震が来そうな気がしてたから、地震が来ないといいなって何となくつぶやいたら起こった」と話している。

 それだけにこの日のブログのコメント欄には「えー、当たらないで欲しいです」「地震は嫌だな。心配ですね」「團十郎さんにはサイキックパワーがあるのではと思います!」などという声が寄せられている。