元KAT―TUNの赤西仁が5日、自身のツイッターを更新し〝風評被害〟を訴えた。

 赤西は米国人男性X氏の名前を挙げた上で「もともと僕の現場マネージャーをやってて退社したアメリカ人の子が、僕の元のプロデューサー的な認識になっていると、業界の何人かから聞きました」と告白。

 続けて「本人がそうやって言ってるのかどうかは分かりませんが。。。
彼にプロデュースされた覚えはありません」とキッパリ否定した。

 芸能界ではこの手の話は枚挙にいとまがないが、今回はX氏がジャニーズの人気グループ「King&Prince」の元メンバー・岩橋玄樹と〝親交〟があることから、一部ファンの間では「赤西と合体!?」と、あらぬ臆測も招いた。

 赤西は今月1日に〝兄〟と慕う滝沢秀明氏がジャニーズ事務所を退社すると、ツイッターで「タッキー。。。。」と投稿。それに比べて今回は〝長文〟だけに、さすがに看過できなかったのだろう。