弁護士の橋下徹氏が7日、「日曜報道」(フジテレビ系)にコメンテーターで出演し、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の名称変更問題で、前川喜平元文科次官を「正義の味方みたいになっているが、前川さんが違法です」と斬った。

 旧統一教会は1997年に名称変更しようとしたものの受理されず、下村博文氏が文科相だった2015年に変更が認められたことで、便宜を図った疑いが出ていた。

 5日に行われた野党合同ヒアリングに出席した前川氏は、97年に宗務課長で旧統一教会から変更を相談された際、「実態が変わっていないので名前だけ変えることはできない。認証できないので『認証の申請を出さないでください』と対応した」と説明した。

 この対応を橋下氏は問題視。「統一教会がトラブル団体なので、名称変更を認めなかったと結果オーライで正しかったように見えるが、法治国家なので、ルールに基づいて判断しないといけない。名称変更の問題とトラブルを分けて考えないといけない。変更に関しては、前川さんの胸突き三寸で勝手に拒否してはいけない」と1993年に成立した行政手続法の観点から前川氏や文科省に非があるとした。
 
 そのうえで橋下氏は「こんな官僚のやり方を認めたら、国民は官僚にゴマすりばっかりやらないといけなくなる」「また官僚天国になって、中国と同じようになる」と指摘。

 最後には「感情で動くんじゃなく、きちっとルールが足りないなら、しっかりつくるべき。前川さんの違法性も検証してほしい」と訴え、ゲストで出演していた立憲民主党の小川淳也政調会長も「前川さんのこの手続きを橋下さんのいう論点から検討する必要はある」と認めざるを得なかった。