ガールズケイリン選手がYahoo!エールオークションに出品!!

2020年05月28日 17時34分

オークションに出品した高橋(左)と高木

【競輪は今…】ガールズケイリン選手がファンと力を合わせて、コロナ禍に立ち向かう。競輪界も新型コロナウイルスの影響を大きく受け、今も無観客レースが続き、開催中止の場もなおある…。コロナとの長い戦いに向き合うため、ガールズ選手の有志がそれぞれの私物をオークションに出し、売り上げを感染拡大防止に役立ててもらおうと企画を発表した。

 1949年から64年まで行われた女子競輪が復活したのは2012年夏のこと。当時から、ガールズケイリンの選手たちは応援してくれるファンの存在が力になってきた。だが、新型コロナウイルスの影響で競輪も2月末から無観客での開催となった。「寂しい、悲しい」。ミッドナイト競輪で無観客レースは体験しているが、やはりそれとは別。「声援に応えたい」と誰もが口を揃える。

 そして、現在。開催中止も相次ぎ、気にかかったのはファンの存在だ。奥井迪は「ガールズケイリンはファンと身近な存在、というのがいいところだと思っているので…」と、もどかしさを抱えていた。ちょうど同期106期の年長者である高橋梨香や高木真備らと話し、オークション企画を思いついた。

 高木は「もう、こんなコロナ禍みたいなことは絶対に起きてほしくないけど、もしかしたらこの先、また起きるかもしれない。そういう時にでも力になれる形をつくれれば」と、ガールズケイリン全体で行える支援の枠組みを想起したという。皆の一致した思いは「ファンと一緒に何かができれば」だった。

 たどり着いたのはYahoo!のエールオークション。ファンが参加できる形で、支援につなげられるのはこれしかない、と立ち上がった。出品期間は6月1日18時~7日23時。Yahoo!のHPから、ヤフオク、エールオークションと進んで「ガールズケイリン」で検索を。入札により、選手とファンが力を合わせて支援活動を行うことができる。出品者は児玉碧衣、小林優香、石井寛子、高木、奥井など多数の予定。

 ※エールオークションとは 商品が落札された売り上げが新型コロナウイルス感染症「医療崩壊防止活動支援募金」(Yahoo!基金)に全額寄付される。

★ガールズケイリンエールオークションプロジェクト代表 高橋梨香(106期)=新型コロナウイルス感染症に罹患された方々とご家族の皆さまに対し、心よりお見舞い申し上げます。私たちガールズケイリンの選手は、感染拡大防止や治療などに日々ご尽力されている医療従事者の皆さまに深く敬意を表し、感謝の気持ちとしてYahoo!のエールオークションに参加させていただくことになりました。各選手が私物をオークションに出品し、その売り上げの全額を感染拡大防止のお役に立てていただけたらと思います。

 また、ガールズケイリンはこれまでファンの方々に支えていただいてきました。無観客開催が続き、触れ合える機会が減ってしまっていますが、このオークションを通じて選手を身近に感じていただけたらうれしいです。