西川きよし 吉村大阪府知事から感謝状「心新たに小さなことからコツコツと」

2021年11月09日 14時17分

左から西川忠志、ヘレン、吉村知事、きよし、かの子(東スポWeb)
左から西川忠志、ヘレン、吉村知事、きよし、かの子(東スポWeb)

〝浪速のロイヤルファミリー〟ことお笑いタレントの西川きよし(75)と妻のヘレン(75)、長男の忠志(53)、長女のかの子(47)が9日、大阪府庁で行われた「大阪府安全なまちづくり大使」の感謝状贈呈式に出席した。

 2017年5月から家族で同大使を務める西川ファミリーに、大阪府安全なまちづくり推進会議会長の吉村洋文府知事(46)から「大阪は元気が一番。きよし師匠には、大阪の顔としていろいろお世話になっている。大阪の安全なまちづくりをしていく上で、西川ファミリーにご協力いただいていることを、府民を代表して感謝します」と感謝状が贈られた。

 今年度の大使も6月14日に委嘱済み。大阪では高齢者への特殊詐欺が増加しており、西川ファミリーは詐欺防止の啓発動画を作成するなど、安心安全に向けた活動を行っていく。

 きよしは「毎日の努力の積み重ねが皆さんに浸透していって、少しでも安全で住みよい大阪になればいいと思っています。府民の皆さんが安心安全でいられるよう、心新たに家族全員で小さなことからコツコツと頑張ります」と大きな目玉を見開いて、意気込みを語った。

関連タグ:

ピックアップ