麒麟・川島明 ワクチン副反応で「動けないぐらいしんどかった」〝民間療法〟も不発

2021年08月08日 20時30分

麒麟・川島
麒麟・川島

 お笑いコンビ「麒麟」の川島明が8日放送のTBSラジオ「川島明のねごと」に出演。2度目のワクチン接種を終えたことを報告した。

 よしもとの職域接種を受けたという川島は「自分だけはどこか大丈夫やと思ったけど、きれいに副反応が出ましたね」と苦笑。その上で「それでいろいろ聞くのよ。先に打った人で、副反応出なかった人もいるやん。そういう人はどうしてたんだみたいな。『経口補水液を打つ前にめっちゃ飲みました』とかね。『熱出る前に解熱剤飲んだらどうだ』とか。全部民間療法なんで絶対まねしたらいけませんけど、そういうことをやったとマネジャーからも回ってくるから、やれること全部やるわけですよ。『ほんまかな?』みたいなことも」と打ち明けた。

 だが、それらの〝対策〟も不発に。「経口補水液も胃チャポチャポになるまで飲んで、次の日にガンガン頭痛くて。38度5分かな」と頭をかいた川島は「でも不思議よね。普通に熱出したり風邪ひいたりしたら『風邪ひいちゃった』って時から、この歳になると次の日治るなんてことないやん。ワクチン打って次の日が38度5分、その次の日はもう36度台になるのよね。『なんやったんや、きのう?』っていう。でも動けないぐらいしんどかった」と振り返った。

関連タグ: