福田こうへいが青森・大間町で恩返し無料ライブ  新曲や「一番マグロの謳」を披露

2021年07月25日 12時39分

大漁旗とともにポーズを決める福田こうへい
大漁旗とともにポーズを決める福田こうへい

 演歌歌手・福田こうへい(44)が24日、青森県大間町にある北通り総合文化センター「ウィング」で無料招待ミニライブを開催した。

 今月14日に、新曲「男の残雪」を発売し、7月26日付オリコン(演歌チャート)で、初登場1位(総合は11位)を獲得した福田。今回は、一昨年5月に行った下北文化会館のコンサートの客席で、テレビ番組で活躍するマグロ漁師を見つけたところから、大間と福田の交流がスタート。昨年11月には、番組がらみで、マグロ漁を体験した。

 乱獲により、以前のように津軽海峡までマグロが入ってこない大変な状況下でも、大間初訪問の福田を温かく迎えてくれたことから、歌で恩返しがでないかとの思いで、23日、24日の2日間に無料ライブを開催。福田は「早くこの場所に来て、みなさんに元気な歌を届けたくて、もう、待ちに待った日が、やっと、やってまいりました」と興奮気味に、いつも以上に力の入ったステージをスタートした。

 ライブでは、新曲「男の残雪」、「南部蝉しぐれ」など、オリジナル曲だけでなく、マグロ漁師である熊谷義宣さん(57)が作詞し、四方章人氏が作曲した「一番マグロの謳」(年明け発売予定)を披露した。  

関連タグ:
 

ピックアップ