ダンプ松本の還暦記念大会が決定! 史上最大の悪役祭りに「覚悟してろよ」

2021年07月06日 14時23分

ダンプ松本

 日本女子プロレス史上初の〝還暦現役レスラー〟で極悪女王ことダンプ松本(60)の「還暦記念大会」が、10月11日、後楽園ホールに正式決定した。

 ダンプは昨年8月にデビュー40周年、11月に還暦を迎えたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、いずれも記念大会は延期となっていた。

 参加メンバーは未定ながら、史上最大の悪役のメモリアル大会となれば、過去のライバルや盟友など、全日本女子プロレスOGが一挙集結する夢の祭典となりそうだ。

 主催する「極悪祭」としては初の後楽園大会となり、ダンプも興奮を隠せない。

「心からこの日を待っていた。現在もコロナ禍は続くけど、後楽園で記念大会を開催できることを幸せに思う。待ってくれていたファンの人も多いと思うので、ぜひ来てほしい。41年間、極悪を貫いてきたから記念大会だろうが変わらない。還暦過ぎても生涯極悪を通すから覚悟してろよ!」と竹刀をブンブン振り回しながら記者を威嚇していた。

関連タグ: