〝最多ギネス男〟チェリー吉武 1億円オーディションで全米震撼の「放送事故」

2021年06月17日 05時15分

挑戦を続けるチェリー吉武

 現在、22個のギネス世界記録を持つお笑い芸人・チェリー吉武(40)が、米有名オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」に初出演し「30秒でクルミを最も多くお尻で潰す」世界記録に挑戦した。今夏出産予定の妻・お笑いコンビ・たんぽぽの白鳥久美子(39)から「外貨を稼いでこい!」と激励され、優勝賞金1億円を目指しての渡米。〝ゴールデンシャワー事件〟を起こし、全米を震撼させていた――。

 今年でシーズン16を迎える「アメリカズ――」。19年の同番組には、女芸人・ゆりやんレトリィバァが挑戦し、話題に。そして、今月1日に放送されたシーズン16の舞台には、〝日本人ギネス最多記録保持男〟チェリーの姿があった。

 観客が見守る中、従来の71個を大幅に更新する79個を割り、拍手喝采。〝辛口〟で知られる製作総指揮のサイモン・コーウェルら審査員も「チェリー!」と絶叫。サイモンから「YES(合格)」をもらったが、合格は審査員4人中2人。3人以上が必要な次の段階には進めなかった。

 帰国後、隔離期間を終えて取材に応じたチェリーは「緊張で顔が真っ白。手も震えました」と苦笑いで振り返った。

 2013年のイギリス・BBCの子供番組で人気に火が付き、お尻でクルミを割り続け、ヨーロッパでは日本をはるかに超える知名度を獲得。ニューズウィーク日本版「世界が尊敬する日本人100」に選ばれた。

 海外の舞台に慣れているはずが、アメリカでの緊張ぶりは〝アウェーの洗礼〟も関係している。

「打ち合わせ、リハーサルでも『僕の世界記録は30秒で71個のクルミ。だから80個を直線で並べてほしい』と伝えていたけど、なぜか本番では63個しか並んでなかった(苦笑い)。200個くらい日本からクルミを持ってきて渡していたのに…」

 しかも、ステージの広さ的に80個を間隔を空けて並べられないという判断が下され、U字に並べられたクルミを割り続けた。

「79個は割れましたけど、やっぱり万全の状況でやりたかった」と悔しさをにじませつつも、「一番厳しいサイモンが『YES』を出してくれたことは勲章。『自信を持っていいよ』と言われました」と手応えを感じている。

 ただ、爪あとを残そうとするあまり全米を震撼させてしまったという。

「YESを3つもらう以外に、予選を飛び級で通過できる『ゴールデンブザー』がある。これは審査員が本当にすげえなと思ったときに押す。紙テープが浴びるぐらい降ってくるんです。だから『プリーズ! ゴールデンシャワー!』と何度も叫んだら、会場の空気が変わってみんなドン引き。通訳さんになぜか聞いたら『オシッコをかけてくれって意味です』と…」

 オンエアではカット。全米から詰め掛けた出演者&観客らの心にとんでもないヤツと刻まれた。

 もっともすべての経験がチェリーを成長させている。番組に5年前から動画などを送り、番組プロデューサーから直々のオファーを受け、今回初出演した。

「税関で大量にクルミを持ってたから止められたんです。でも、番組名を出して〝ゴット・タレント〟と言ったらすぐに通れた。すごい番組。忘れられないうちに勝負したい」と意気込んだ。

 ちなみに、妻の白鳥は4月に妊娠を発表し、夏に出産予定。妻は「行きたいんだったら行ってきなよ。その代わり外貨を稼いでこい!」と背中を押した。

 結果は、旅費は番組から出ていたが、「奥さんは『クルミ割って遊んできただけだろ』みたいになってる」とのこと。すでにフランスの番組からも出演オファーが届いているものの、出産予定日と重なっており、頭を悩ませる日々だ。

「『行ってこい!』とは言われてますが、出産準備もあるし、僕の稼ぎも少ないから、行けるように今は〝スーパー主夫〟として家事とか全部しています」

 最後に〝激励〟を込めて用意したスイカをお尻割りしたチェリー。一緒にスイカを食べながら妻の〝安産〟を願った。 

☆ちぇりーよしたけ 1980年10月13日生まれ。ワハハ本舗所属。13年にイギリスBBCの子ども番組「Officially Amazing」で「30秒間でくるみを座って割った最多数」ギネス世界記録認定。これまで獲得したタイトル数は56個。現在は22個のギネス世界記録を保持。18年にたんぽぽの白鳥久美子と結婚した。

関連タグ: