【東京五輪】選手村“酒類OK”公式見解で国民の怒り爆発「コンドームもアリ…狂気の沙汰!」

2021年05月31日 21時12分

五輪強行派のせいで、アスリートたちにも「被害」が…

 東京五輪の選手村で「酒OK」の公式見解に国民の怒りが爆発だ。

 政府の東京五輪・パラリンピック推進本部事務局が31日、野党が国会内で開いた会合で、大会期間中の選手村において選手による酒の持ち込みが可能と説明した。選手村を運用する大会組織委員会の見解として示した。

 事務局によると、選手村で利用できるケータリングサービスで酒が注文できるほか、選手自身が持参することも禁止されていない。

 これには野党から猛反発の声が上がったが、長期間にわたり自粛を強いられている国民からの怒りの声もネット上にあふれ返った。

「アスリートはお酒持ち寄ってパーティーしてもいいのだろうか。日本国民は少人数でも禁止されてるのに」とアスリートの〝特権〟を疑問視する声が続出。

 また、今大会では新型コロナ禍にもかかわらずコンドームが大量配布されることと合わせて「東京五輪開催は狂気の沙汰! 選手村は酒にコンドーム有りの酒池肉林の桃源郷か」「やはり乱交、乱痴気パーティーのるつぼなんだな」と怒りを通り越し、あきれ果てる声が上がっている。

 もはや何でもアリの東京五輪。国際オリンピック委員会(IOC)や大会組織委員会の大暴走は止まるどころか加速するばかりだ。

関連タグ: