たこやきレインボー・春名真依が活動休止! 理由はまさかの「漢字読み間違え」

2021年02月03日 16時41分

活動休止処分となった春名真依

 アイドルグループ「たこやきレインボー」は3日、メンバーの春名真依(20)がユーチューブで〝不適切発言〟をしたとして「当面の間活動自粛する」と公式サイトで発表した。

 サイトでは「弊社ではこの度の事態を重く受け止め、本人およびご家族と協議の上、春名真依の芸能活動を当面の間自粛することといたしました」と説明。「所属事務所として、今後二度とこのような事態が起こらないよう、本人ならびにメンバー、スタッフへの教育を徹底し、信頼を取り戻すべく全力でサポートしてまいります」と再発防止を約束した。

 また「ご不快に思われた方へ謝罪申し上げますとともに、ファンの皆様ならびに関係者の皆様にご迷惑をお掛けいたしますこと、深くお詫び申し上げます。この度は誠に申し訳ございませんでした」と重ねて謝罪した。

 問題となったのは1月23日、公式ユーチューブチャンネルで生配信した「たこ虹の家にいるTVリターンズ#26」だった。ここで春名は「魑魅魍魎(ちみもうりょう)」を読み間違い。よくある「おバカ発言」ですまなかったのは〝差別用語〟だったからだ。ネットでは「不適切な発言」と問題視された。

 春名は「私のYoutube生配信での大変不適切な発言で、ご不快な思いをさせてしまったことを心からお詫び申しあげます。言葉の意味の誤解、自分の無知によって、こうした事態を引き起こしてしまったことを、深く反省しております。二度とこのような過ちをおかさないために、しっかりと勉強してまいります」と謝罪コメントを発表。

 グループは当面、春名抜きの4人で活動。ユーチューブ生配信も「当面の間、休止」になった。3月13、14日には大阪でワンマンライブを開催予定。