元モー娘・福田明日香がスピード離婚の真相激白「相手が一般男性だったので私が悪者に」

2020年11月24日 23時34分

福田明日香

「モーニング娘。」の元メンバー福田明日香(35)が24日、自身のユーチューブチャンネルを更新。「【しくじり失敗談】自分らしくいないと痛い目にあいがちな件。」のタイトルの動画で、結婚と離婚の真相を赤裸々に語った。

 福田はモー娘を卒業後、「PEACE$TONE」メンバーとして活動を再開。2015年8月、同グループの公式ブログで「春に無事結婚・入籍いたしました」と一般の会社員男性と4月に結婚したことを報告し産休に入った。翌16年2月に第1子を出産したが、同年7月に離婚した。

 当時は「価値観の相違と子育ての方針の違いからお互いコミュニケーションが取れず、家庭生活を営なむ上で、協力し合うことが難しくなったため」「芸能活動再開への理解が得られなかった」を理由にしていたが、この日の動画では「相手(元夫)が一般男性だったので、私が悪者になった」と打ち明けた。

 結婚した理由は「30歳になったし、子供が欲しくなった」福田と元夫の考えが一致したこと。周囲から「好きで続けてきた音楽を諦めるのか」などと諭されたが、「芸能活動と家庭での子育ての両立は無理」として、家庭を選んだ。ところが、新しい家族が生まれる前から家庭内はギクシャク。何かするたびに元夫から、なじられ「じゃあ、離婚する」など心ない言葉を浴びせられたという。友人とランチに出かけると家に鍵をかけられるなどの仕打ちもあった。結婚して1年たたないうちに、コミュニケーションはなくなり「仮面夫婦でした」と当時の状況を明かした。

 その後、元夫の身内に不幸があり多額の費用を負担。〝ドケチ生活〟や借り入れ、実家からの支援でしのいでいたが、どうにもならなくなり芸能活動再開を模索した。ところがブログ執筆にも文句を言われ「食事がのどを通らなくなった」。友人や両親から人相が変わったと指摘され、ようやく家庭の実情を説明。話し合いを勧められたが夫婦仲の修復に至るはずもなく、「夫は事務的に離婚手続きを進めた」とか。

 結婚してから元夫の様子が変わり、福田にきつく当たるようになった理由は「大好きなギャンブルができなくなったことが要因」とした。今回の動画で離婚の真相を打ち明けることは元夫に了解を得ており、「わずか1年ほどで出産、葬儀と人生で大変なことを経験した。私も彼に学んだことがある」と、憎さゆえの暴露ではないと強調。タイトル通り、自身の〝しくじり失敗談〟として「自分の道を曲げてはいけない。自分らしくいないと痛い目にあう」と述べた。

 福田は6月に初のヘアヌード写真集「PASSIONABLE」を出版。予約サイトがパンクするなど大きな反響を呼んだ。