【日テレ24時間テレビ】高橋尚子氏の「募金ラン」で名物企画が〝復活〟「私ができることは走ること」

2020年08月16日 22時17分

高橋尚子氏

 中止が決まっていた日本テレビ系「24時間テレビ」(22~23日)の名物企画「24時間チャリティーマラソン」が形を変えて〝復活〟だ。16日に放送された同局系「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)の中で新企画「24時間募金ラン」が発表された。

 番組開始から「ランナー発表」とあおり、視聴者の頭の中には「?」マークが浮かんでいたが、最後の最後に謎を明かした。シドニー五輪女子マラソン金メダリストの「Qちゃん」こと高橋尚子氏(48)が登場し、「史上初の挑戦」として同企画を発表したのだ。

 高橋氏は仲間とともに「チームQ」を結成。私有地の1周5キロのコースを交代で走り、1周走るごとに10万円ずつ寄付するというもの。深夜帯は走らない。チームQのメンバーは明かさなかったが芸能人やアスリートということで、さらに1人、有名人限定でともに走るランナーを募集した。

 今回の企画は高橋自身が日テレに持ち込んだものだという。偽善と言われることもあるが「プラスになる人がいれば、意味があるんじゃないかな。私ができることは走ること」と断言。さらに「40代、50代もまだいけるよということを見せられたらいいな」と意気込んだ。