ホリエモンが巨人の坂本&大城のコロナ陽性報道に「こんな検査やめた方がいい」

2020年06月04日 12時03分

堀江貴文氏

 実業家の堀江貴文氏(47)が4日、ツイッターで巨人選手のコロナ陽性報道に言及した。

 巨人は3日、坂本勇人内野手と大城卓三捕手がPCR検査で陽性だったことを発表し、練習試合を中止した。しかし、2人は自覚症状はなく、検査前2週間の行動を確認したところ外食や夜の外出もなかったという。

 これを受けて堀江氏は「だからこんな無駄な検査まじやめた方がいい。。」と投稿した。

 今回の検査でコロナウイルスの遺伝子量は正常値ギリギリの「微陽性」。巨人の2選手のように無症状のまま生活している感染者は数多く存在することは容易に予想される。

 PCR検査の感度なども勘案すると、どこまで検査が必要なのか判断が難しいのは確かだ。