ミッツ「コロナっぽい」自主的な自宅療養をたたえる声

2020年04月22日 11時30分

ミッツ・マングローブ

 女装家のミッツ・マングローブ(45)が、発熱や味覚がなくなる症状で自主的に自宅療養し、賛同を集めている。

 レギュラー出演するフジテレビ系「バイキング」を21日に欠席したミッツが番組内で発表したコメントによると、10日以降、原因不明の発熱があり、数日後には咳や味覚がなくなる症状が出たという。だが、肺炎の徴候もなく、体温が37.5度に一度も達してないことから、未検査で、主治医に毎日相談しながら自宅で療養している。

「このような状況を、周囲の人たちや、関係各所に黙っておくわけにはいきませんし、私のように『コロナっぽい』状態のまま、ともすれば普段通りの行動をしてしまっている人も、たくさんいるのではないかと思い、現状を公表することにしました」(ミッツ)

 司会の坂上忍は「正直なコメントを出してくださり、助かる方、大事な情報を得られるわけですから感謝したい」と語り、ネット上でもミッツの行動をたたえる声が上がった。