菅田将暉と小松菜奈の熱愛報道に映画関係者らがホクホク顔

2020年03月30日 17時00分

菅田将暉(左)と小松菜奈

 俳優の菅田将暉(27)に、女優でモデルの小松菜奈(24)との交際が報道され、映画関係者らがホクホク顔になっているという。

 2人は映画「ディストラクション・ベイビーズ」(2016年5月公開)で初共演。その後はダブル主演映画「溺れるナイフ」(同年11月公開)でも共演している。「溺れる――」では、小松のジュースが口元でこぼれ、それを菅田がなめるシーンがあり、ファンの間で話題となった。

 菅田の事務所は報道にノーコメントを貫いているが、菅田といえば肉食系男子で知られる。過去には女優の二階堂ふみ(25)、本田翼(27)との熱愛が報じられ、18年には菜々緒(31)の自宅に泊まる様子を週刊誌に激写された。昨年11月にはモデルでタレントの堀田茜(27)との熱愛も女性週刊誌で報じられた。

 ある映画プロデューサーは「自分で髪形をスタイリングしたり、服を作ったり、歌手デビューしたり、とにかく多才です。昨年はNHK紅白歌合戦にも出た。これだけメディアに露出しているし、モテるんじゃないですか」と話す。

 小松とはファッションブランド「ニコアンド」のCMでも共演。ウェブCMでは、2人が全力疾走し、その撮影の様子やインタビューがワイドショーでも放送され、注目を集めていた。

 4月24日には、中島みゆきの楽曲「糸」を実写化し、2人が恋人役でダブル主演を務める映画「糸」が公開される。本来、スポンサーの意向やイメージを大事にする芸能人にとって、熱愛報道は「好ましくない」のが定説だが、どうも今回は違うようだ。

 ある芸能プロ関係者は「コロナの影響で映画公開の延期、イベント自粛が続いている。2人の熱愛報道で映画を見たいと思った人も増えたのでは」。「お似合いの美男美女」との声が多く、明るい話題だけに、映画の宣伝、集客につながると関係者も喜んでいるという。