鳩山由紀夫氏「韓国を見習うべき」に高須院長「何を見習っても医療崩壊が早まる」

2020年03月16日 20時14分

鳩山由紀夫氏

 元首相の鳩山由紀夫氏(73)が16日、自身のツイッターを更新し、新型コロナウイルス感染拡大に関する独自の見解を示した。

 鳩山氏は「コロナの対策は早期発見と感染者の隔離である。ウィルスを培養するには時間がかかるが、抗体の有無を調べるのはすぐにできる」と主張。続けて「その方法で韓国ではドライブスルー検査システムで1日1万件検査可能となった。感染者は多くなるが早く収束するだろう。隠蔽すれば長くかかる。日本も韓国を見習うべきである」と結論づけた。

 これにネットはすぐさま反応し、厳しい反対意見が相次いだ。そんな中、高須クリニック院長の高須克弥氏(75)も自身のツイッターを更新し「鳩山由紀夫先生に質問。何を見習うのですか? 何を見習っても医療崩壊が早まると愚考します」と反論した。