杏と渡辺謙の父娘関係“再崩壊”も 夫・東出昌大と唐田えりか不倫で離婚危機

2020年01月23日 17時00分

東出と離婚危機の杏

 芸能界の「おしどり夫婦」に発覚した問題は奥深い。女優・杏(33)の夫で俳優・東出昌大(31)の不倫と2人の別居を23日発売「週刊文春」が報じた。東出の相手は若手女優・唐田えりか(22)で、離婚危機だという。仲むつまじさで知られた杏と東出。本来なら杏の父、渡辺謙(60)が仲裁に入ってもよさそうなものだが、自身“スネに傷”持つだけに、そうもいかない。それどころか、再び父娘関係が崩壊するのでは?と不安の声が出ている――。

 東出と唐田が急接近したのは2018年公開の映画「寝ても覚めても」の共演がきっかけだった。文春によると、2人の親密ぶりを疑った杏が、東出を問いただしたという。すると東出は男女関係を否定。そのうえで唐田とは会わないことを約束した。

 ところが、関係は続いており、深夜に密会しようとするメッセージのやりとりがあったことが今年1月に発覚。結局、杏と東出は別居することになった。

 芸能関係者は「杏さんはとにかく頑張り屋さん。芸能活動もしながら食事も作り、子育ても手を抜かず、自分で教育もしようと奮闘している。その半面、東出は育児や家事に消極的で、飲みに出歩くことが多かったそうです。夫の不倫発覚で、杏さんは精神的にも肉体的にも憔悴しきっています」と話す。

 問題は渡辺の微妙な立ち位置だ。

 本来ならば、愛する娘を支え、義理の息子にはビシッと説教の一つでもカマしてほしいところだが、当然ながら難しい。

「渡辺自身が2度離婚し、それに関係した不倫など女性スキャンダルが絶えないからです。さらに、前妻で女優の南果歩との離婚原因となったAさんとは現在交際中という始末。そんな自分を棚に上げて、東出を説教したり、夫婦関係の修復に介入できるわけがない。まったく頼りになりませんね」(芸能プロ関係者)

 渡辺のお盛んすぎる女性関係から、かねて父と娘は確執が伝えられてきた。そんな関係に雪解けが訪れたのが、15年の東出との結婚だった。16年には双子が誕生。17年には第3子も生まれている。

「やはり孫の存在が大きい。渡辺は孫に会う目的で杏の自宅を訪れることもできるようになり、会話もするように。渡辺が孫の世話をすることもあるそうです」(同関係者)

 昨年11月の渡辺の還暦パーティーにはA子さんも出席。総勢200人が駆け付けた会の中盤で、渡辺が出席者に「現在のパートナーのAさんです」と名前を呼んで紹介したのは話題になった。

 一部で、杏や孫がいる前で堂々と出席者に紹介したことで、杏が父親の恋人を容認し、A子さんと良好な関係を築いているのではないかとの声もあった。しかし、それは杏と孫が会場から帰った後だったことが分かり、微妙にわだかまりが残っていることを感じさせた(本紙既報)。

「それでも杏さんは渡辺さんと隣同士のテーブルに座った。孫たちから『じいじ』と呼ばれる渡辺さんが、うれしそうに応えている姿もあり、父娘は以前のような悪い関係ではない。ただ…実は渡辺さんは、A子さんというパートナーがいるにもかかわらず、今も遊び癖は直っていないみたいですよ。大スターでモテるのは分かりますが、まだまだお盛んな姿にあきれる人物も多い」(映画関係者)

 仕事、家事、育児に忙殺される中、ただでさえ夫の不貞で傷心のところに、万一、渡辺に再び女性問題が発覚すれば、それこそ杏はパンクしかねない。

 同関係者は「ようやく父と娘が歩み寄ってきたところですからね。完全に崩壊するでしょう。それにしても、ダンナが同じ道を歩むことになるとは…杏がふびんでなりませんね」とため息をついた。