アンジェリーナ・ジョリー 韓国に住む長男と日本で再会

2019年10月03日 20時53分

スマホを向けたファンに手を振るアンジ―

 米女優アンジェリーナ・ジョリー(44)が3日、都内で行われたディズニー映画「マレフィセント2」(18日公開)のジャパンプレミアに登場した。来日は9度目という。

 前作(2014年)の続編で、“ディズニー史上最恐”と称されるマレフィセント(アンジー)の究極の愛を描くファンタジーアドベンチャー。

 アンジーといえばカンボジアの養子で長男マドックスくん(18)が8月、韓国の大学に進学。アンジーは米国から愛息を送り出して“子離れ”した。

 9回目の来日となるアンジーに合わせてマドックスくんも訪日し、再会を果たした。ジャパンプレミアでは、マドックスくん、エチオピアの養子で長女ザハラさん(14)とともに家族3人でレッドカーペットを歩いた。

 アンジーは同作について「家族は血がつながっていないといけないというわけではない。そういうメッセージがある」と子供たちとの関係にからめて見どころを語った。

 アンジーにはマドックスくん、ザハラさんも含めて計6人の子供がいる。前夫は米俳優ブラッド・ピット(55)。