美川憲一が明かした中澤卓也への“太っ腹プレゼント”秘話

2019年09月26日 18時00分

中澤卓也(右)とゲスト出演した美川憲一

 演歌歌手の中澤卓也(23)が26日、東京・新宿の日本青年館で歌手の美川憲一(73)をスペシャルゲストに招いて「中澤卓也コンサート2019~令和の幕開け、新たな世界を切り拓く~」を開催した。

 2017年にシングル「青いダイヤモンド」でデビューした中澤。その際、同じレコード会社の先輩にあたる美川から、デビュー記念にブローチをプレゼントしてもらったことがあり、今回、共演が実現した。

 ステージでは美川のヒット曲「新潟ブルース」と「さそり座の女」を2人で熱唱。会場の1100人を魅了した。中澤が新潟出身とあって、「新潟でコンサートをするときに『新潟ブルース』はお客さんと一緒に盛り上がれる曲。そんな曲を一緒に歌えるなんて光栄です」と満面の笑みを浮かべた。

 デビュー時にプレゼントしたブローチについて、美川は「(レコード会社の)クラウンのお偉いさんが、貸してもらえないかって相談があったの。でも、貸すってのはあり得ない。貸すくらいならあげるわよ」と気前よくプレゼントした。今でも大事にしているという中澤は「握手会でつけていると、ファンの方が、それ美川さんのでしょと言ってくれる」という。美川は「そのうち衣装も、なんて言ってくるんじゃないの」というと、中澤も「ぜひ!」と笑顔を見せた。