KAT‐TUN上田が歌番組で不穏態度 〝チャンカパーナだけ踊らない男〟襲名

2020年09月14日 05時15分

ジャニーズ事務所

 KAT‐TUNの上田竜也(36)が大炎上している。12日放送の音楽番組「THE MUSIC DAY」(日本テレビ系)のジャニーズシャッフルコーナーに出演するも、「NEWS」のヒット曲歌唱時にまったく踊らなかったからだ。

 上田が登場したのはNEWSの「チャンカパーナ」の時だ。嵐の二宮和也、Kis―My―Ft2の二階堂高嗣、ジャニーズWESTの中間淳太とともにパフォーマンスしたのだが、上田一人だけ明らかにおかしい。二宮ら3人が笑顔で元気に踊る中、ただ一人ポケットに手を突っ込んでほとんど動かず、カメラに向かってメンチを切っていたのだ。

 実は2015年の同番組でも、TOKIOの松岡昌宏、嵐の大野智らとともに「チャンカパーナ」を披露するも、上田だけが振り付けを忘れてしまい、ネットで叩かれた過去がある。その時のリベンジになるはずだったのだが、今年は開き直り、わざと踊らなかったことは明白だ。

 この直後のSMAPの「世界に一つだけの花」の時はキッチリと踊っていただけに、様々な憶測が飛んでいる。「NEWSの歌をうたいたくないのか?」といったものから、上田の立ち位置が手越祐也のポジションだったことから「手越のことが嫌いなのか?」というものまで、ジャニーズファンは大騒ぎとなった。放送翌日の13日まで「チャンカパーナ」がツイッターのトレンドワード入りするほど、反響を呼んだ。

 そこで一部で付いたあだ名が「チャンカパーナだけ踊らない男」というもの。怒れるNEWSファンを筆頭に「来年の番組で再度やり直してほしい」といった声が出ているが、仮に再々チャレンジしたところで事態はますます悪化しそうだ。