女優の紅ゆずる、「WEST.」の中間淳太が9日、MBSテレビ「よんチャンTV」に出演。ドラマ「セクシー田中さん」(日本テレビ系)の原作者で漫画家の芦原妃名子さん(享年50)が急死した問題にコメントした。

〝原作ありき〟の作品にも多く出演しているという紅は「その時にやはり原作者の方が確認される時って、演じる側もメチャクチャ緊張するんですよ。その世界観を壊してないかとか、そこはすごく忠実に自分も原作を自分なりにすごく読み込んで、監督なり演出家にすごく聞くんですね。『これは大丈夫ですか?』『原作の方は大丈夫とおっしゃってますか?』ということをかなり確認するんです」と証言。

 続けて「やっぱり原作ありきの物語をするっていうふうに言っているのであれば、原作者の方の意向は絶対だと思う。今こういう状態になってるので、私が思うのはもしここまで変えるのであれば、『原案』にすればよかったと思っちゃいますね」と悔やんだ。

 また、芦原さんの急死の原因として、芦原さん自身や脚本家への誹謗中傷が挙げられているが、中間は「変な世の中だなと思うのは、メディアリテラシーを求められる部分もあるのに、SNSでは好き勝手言う人もおるし。原作とかを実写化するってなったときに、高校生がタバコを吸ってるシーンとか今では多分放送できないじゃないですか。そういうのは厳しいくせに、自分たちは好き勝手言う世の中は変だと思いますね」と苦言を呈した。