お笑いコンビ「センチネル」の齋藤大誠(30)とトミサット(30)が11日、都内で行われた「太田プロライブ『月笑』2023 クライマックスシリーズ」に出場し、優勝を果たした。

 クライマックスシリーズへの出場者は「月笑」の年間1位「青色1号」、年間2位タイの「さすらいラビー」「センチネル」の3組だ。2位タイの2組の勝者が「青色1号」と優勝を争うトーナメント方式で行われ、センチネルが年間2位からの下克上優勝をつかんだ。

 トロフィーを手にした齋藤は「僕ら優勝というものはしたことがなくて。M-1を3回戦で落ちてから、何か1年間でタイトルを取ろうと。それでクライマックス取れたので、めちゃくちゃうれしです」と喜びを語った。

 トミサットも「今年一シビれてます」と大興奮。優勝賞金の50万円でお尻が破けたまま使用している衣装を新調すると誓うと「後輩をご飯に誘いたいですね。あとは私利私欲に」と答え、笑いを誘った。

破けた衣装を披露するトミサット(右)
破けた衣装を披露するトミサット(右)

 一方、齋藤は賃貸滞納による強制退去が今月末に迫っていたそうで「勝負と思ってバイトをやめたんですが、早すぎて滞納してしまって。それが今回(賞金で)家を継続できるってことで。30歳で家なくなるって、ヤバすぎるので」と安どの表情で明かした。

 今回の優勝をきっかけに「勝ちグセ」をつけたいセンチネル。齋藤は「これをいいスタートに、結果を残せるように頑張りたい」と今後の意気込みを力強く語っていた。